相手の思いを受け取ること・自分の思いを手渡すこと

私は絵を見ることが好きだ。

好みももちろんあるが、自分の好みではなくても“良い絵”はわかるつもり。

楽器の演奏にしても、ダンスにしても、手段が違うだけで表現しようとする行為には変わらない。

もっと平たく言うと人が何かを伝えようとしゃべること。

同じセリフでも怒っているのか、悲しんでいるのか喜んでいるのか、伝わるはず。(伝わらない人もいるかな?)

表現とは皆そういうものだと思うのだ。

私も畑違いの人にお会いすることも多いが、中には「専門外だから、あなたにはわからないでしょ?」などという人もいる。

疲れたり弱っていたりして、感性が鈍くなっているときには心に響かない、なんてことはあるかもですが、良いか悪いかはわかります。

もちろん専門家ではないので、技術的なことはわかりませんが。

だから技術的な指摘をされるより、一般の人たちの「おもしろかった」「よかった」「これ、好き」というまっすぐに心に届いた感想を1番大事にしたい、と私は思うのです。

良いものは何だかわからなくても感動するものです。

技術は必要ですが、それは表現の道具にすぎません。

技術にこだわっているうちは人に感動を届けられない、と思います。

だから、技術のまだまだ未熟な高校生には、「一生懸命踊りなさい」と口を酸っぱくして言いました。

訳が分からないうちに踊るこの子たちは、一生懸命に踊るぞ、という気持ちが相手(観客)に伝わらなければ納得してもらえませんから。

下手でも一生懸命やったね、と拍手をもらえるのです。

日本人はよく「私にはわからないから」なんて言って感想を言わないことも多々ありますが、素直にどんどんいうべきでは。「なんかよくわからない」「面白くない」「なんだかよかった」って。

いいんですよ、日舞だってわからなかったらわからない、つまらない、って言っても(笑)

逆に日舞だってちゃんと伝える気持ちがあれば伝わるんです。受け取ってもらえるんです。

そういう努力を放棄して、技術向上ばかりに固執するところが問題なんです。

…ということが言いたいことでした(笑)

💮千翠珠煌主宰の日本舞踊教室では、無料体験レッスン、超日舞1day講座を 千翠流舞ではワークショップを開催しています。
お仕事帰りの日舞入門講座も銀座にてスタートしています。

千翠流日本舞踊教室HP

千翠流舞HP

お申込み、お問い合わせはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
千翠珠煌
13歳よりアクションクラブに8年在籍。 19歳より日舞(古典・新舞踊)を始め、師範名取を経て1998年独立。 創作舞踊公演、舞踊指導等。 2017年千翠流舞を発足、国内外問わず舞踊ショー・イベントなどの活動をしている。