表現・感性を磨く

感性は磨ける。磨き続けないと感度が鈍る。ただ、感度がゼロにならなければ、復活することもできる。

私は一時期表現者であるより、生活を優先していた時期があります。

感情が疲弊して何を見ても触れても、感動できなくなったのです。

もう何も出来ないと絶望し、でもそのショックさえ感情が鈍くて、泣くことすらできませんでした。

友達と会っても、話を聞くのが精一杯で相槌さえ打てませんでした。

3年くらいたって、ようやく気持ちが動くようになり、ある舞台を観に行きました。

身体の表現だけでストーリーが綴られるその舞台は、半ばまであまりわかりませんでしたが、必死で集中するうちに、ある瞬間ドンと心に響いてきました。

これは我ながら驚く出来事でした。

その瞬間が過ぎてからは、身体表現者の思いが、セリフがあるが如く理解できたのです。

「良かった、やっと戻れた」

長く暗いトンネルを抜けて、意外なほど静かにホッとしたのでした。

表現方法は、各々の手段。手段は違っても、感性があれば、お互いに理解でき、通じ合うことができる。

様々な表現の手段があります。

技術的なことは、勿論その道のプロでなければわからないと思いますが、その表現が優れているかどうかは理解できます。

たまに「あゝ、この人は素晴らしい!」と言うと何も知らないくせに、とばかにするひとがいますが、そういう人は技術にこだわり過ぎて本質が見えない、見えていない可能性があります。

たまにお邪魔する舞踊会などでも、技術的に”上手”ならば良しとするような雰囲気を感じることがあり、残念に思います。

たとえ下手な踊りでも、気持ちが伝わる人はいます。その方が観る人は理解し易いし、楽しく観ることができます。

どのみち芸術表現に終わりがないのであれば、その時のベストを尽くし、下手でも精一杯気持ちを込めて伝えることを私はしたい、と思います。

そして舞台芸術のみならず、絵画、花、自然、人、モノ。

まだ見ぬ世界を遠ざけず柔軟に受け入れ、広がっていきたい、と思います。

そのためにも、優れたもの、素敵なものに沢山出会い、感性を磨き続けていきたい。

自分の世界が広がっていくって、想像しただけでワクワクですね🥰

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
千翠珠煌
13歳よりアクションクラブに8年在籍。 19歳より日舞(古典・新舞踊)を始め、師範名取を経て1998年独立。 創作舞踊公演、舞踊指導等。 2017年千翠流舞を発足、国内外問わず舞踊ショー・イベントなどの活動をしている。